×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 

studio RECKLESS 1/144 ガンキャノン〔Ver.INTEGRAL〕
製作について
今回製作するにあたって。
今回製作する際にHJ誌2003.2月号を作例参考に製作しました。
改造改修点は以下参照してください。
▽基本製作工程▽
仮組(表面処理400〜800番)→洗浄→サフ→表面処理(1500)→洗浄→塗装→スミ入れ&デカール貼り→艶消しコーティング
改修部分
◆製作◆

■頭部
RECKLESSから以前出ていた3バルカンから1/144サイズを今回使いました。
本来の色は黄色なんですが、こっちの方がメタルパーツですので精度も上がり見栄えも良いので、今回3バルカンを使いました。
なんせ同じRECKLESSの物なので違和感無しです。(笑
カメラ部分はお決まりのオーロラフィルムを貼っています。


■オーロラフィルムの貼り方
黒エナメルで塗装。乾燥後ヒートプレスの要領で貼って行きます。
このときに注意していただきたいのは、お湯でやわらかくして貼る事です。もしくは今時期暑いのでそのままでも貼れます。
冬場は大変だと思うのでお湯ででも温めてください。
貼り方にコツがいりますが、なれれば楽です。しわが無いので綺麗に光ってくれています。
塗装
◆塗装◆
HJ誌
2003年 2月号の作例と同じ感じ の色合いで塗装しました。基本的にフィニッシャーズカラーを使用してます
赤 下地にファンデーションホワイト+レモンイエロー。その上にレモンイエロー+リッチレッド。上掛けにルミレッドを3〜5倍に薄めて色見を調節しました。
フレーム Pブラック+ファンデーショングレー
グレー(明) ファンデーショングレー
黄 レモンイエロー
エナメル系にてスミイレ、デカール貼り後つや消しでトップコート。
■モノアイ
オーロラフィルムを貼りました。
曲面なので貼るのに一苦労しましました。(涙
◆デカール◆
デカールはINTEGRALに入っていた物を使いました。

注*■ガレージキットなので固定モデルとして製作しています。
間接など曲がりません。

 






台座

製作途中

箱と一緒に♪